トップページ

リフォーム豆知識TIPS

外壁塗装の費用の基準になる坪数とは?

「外壁塗装の費用の基準になる坪数とは?」

 

「坪数と塗装面積の違いを知りたい!」

 

この記事では、外壁塗装の費用の基準になる坪数と坪数と塗装面積の違いについて紹介します。
この内容が気になる方はぜひご覧ください。

 

 

□外壁塗装の費用の基準になる坪数とは?

 

 

外壁塗装の費用の基準になる坪数は、30坪が基準に使用されていることが多いです。
これは、延床面積が30坪程度の戸建て住宅が多いと言われているためです。

 

一般的に、30坪は3LDK程度の家に相当する広さで、3人程度で生活するためには快適な広さとされています。
実際に、住宅金融支援機構が毎年公表している調査によれば、注文住宅の平均は12.8平方メートル、建売住宅の平均は100.8平方メートルなどとなっています。

 

これを坪数に換算すると、注文住宅では約38坪、建売住宅では約31坪になります。
30坪が基準として使用されている理由が納得できます。
つまり、30坪は比較しやすいため、基準の坪数であるのです。

 

家の形はそれぞれ異なりますし、地域性の違いもあります。

しかし、30坪の家を基準にすることで、形が異なる家や広い家でもその差を加味すれば、比較検討できますね。

 

 

□坪数と塗装面積の違いについてご紹介!

 

 

外壁塗装の見積書を塗装する数値を坪数で表記する業者がいます。
これは、消費者にはわかりやすい表記です。
しかし、坪数から正確な塗装面積を出すことは厳しいです。

 

坪数を目安として表記しておき、後から正確な塗装面積を出し直す業者もいますが、坪数当たりいくらかと表記してある業者は注意が必要です。
坪数は単なる床の面積を表しているだけであるので、外壁塗装をする際に坪数から金額を算出するのは非常に難しいです。

 

坪数面積で算出する方法は、単なる目安であると考えることをおすすめします。
そのため、外壁塗装を行う面積から金額を算出してくれる業者が自分自身で納得できる見積もりになると考えられます。

 

総じて、見積もりを出してもらう際は、この金額である根拠をしっかり説明してくれる業者を選び、納得した状態で外壁塗装を進めていくことをおすすめします。
当社では、無料見積を行なっておりますので、ぜひお問合せください。

 

 

□まとめ

 

この記事では、外壁塗装の費用の基準になる坪数と坪数と塗装面積の違いについて紹介しました。
本稿を参考にしていただけると幸いです。
また、何かご不明な点がございましたらお気軽に当社にご相談ください。

 

特に、西原町、与那原町、南風原町、那覇市、宜野湾市、浦添市、中城村、八重瀬町、南城市周辺で外壁塗装をお考えの方はぜひ当社にお任せください。

 

 

 

ちゅららペイントの理念・使命

 

幸せづくり
笑顔あふれる
いい会社を
つくりましょう

~豊かな地域・家庭・人生を~

 

私達は仕事を通してお客様と地域社会のお役立ちを行い、地域・家庭・人生が豊かになり、みんなの幸せを築くことが使命です。

 

共に築いていければ幸いです。宜しくお願い致します。

 

 

沖縄県の家も明るく!心も明るく!地域を元気に!いつまでも・・・(●^o^●)

 

 

☆ご相談などお気軽にご連絡くださいませ。