トップページ

リフォーム豆知識TIPS

外壁塗装の塗り替え時期についてご紹介!

「外壁塗装の塗り替え時期の目安とは?」

 

「外壁の劣化のサインとは?」

 

この記事では、外壁塗装の塗り替え時期の目安や外壁の劣化のサインについて紹介します。
この記事の内容が気になる方はぜひご覧ください。

 

 

□外壁塗装の塗り替え時期の目安とは?

 

 

外壁塗装のベストな時期は、塗料の耐用年数・外壁の劣化症状・外壁の素材によって決まります。

 

まず、塗料の耐用年数についてです。
外壁に使用されている塗料はいくつかの種類があり、それぞれ耐用年数が変わってきます。
アクリル塗料は3~8年、ウレタン塗料は5~10年、シリコン塗料は8~15年、フッ素塗料は12~20年です。

 

塗装のタイミングを逃して、外壁が破損したり、雨漏りが発生してしまうと、住宅が腐食する可能性が高いです。
家の構造体が腐食してしまうと、外壁塗装よりも増大なリフォーム費用がかかることになるでしょう。
そのため、塗膜が機能を失う前に塗り替えることをおすすめします。

 

 

次に、外壁の劣化症状についてです。
これは、外壁の色あせや艶感、塗膜の浮き・剥がれなどを確認しましょう。
劣化症状が見受けられる場合は、診断してもらうことをおすすめします。
当社は無料診断を受け付けておりますので、不安な方はお気軽にご連絡ください。

 

 

最後に、外壁の素材についてです。
日本で最も多く使用されている外壁材は、窯業系サイディングです。
これは、セメントと繊維質を混ぜ合わせて板状にした素材で、耐久性やデザイン性が高く、人気の外壁材です。

 

また、セメントや砂、水を混ぜ合わせた塗料で仕上げるモルタル外壁も人気があります。
これらの外壁など、劣化してしまうことは避けられません。
そのため、塗膜の耐用年数に合わせてメンテナンスをしていきましょう。

 

 

□外壁の劣化のサインをご紹介!

 

 

外壁の劣化のサインについて2つ紹介します。

 

1つ目は、外壁の色あせです。
これは、塗膜の劣化が始まっている証拠です。
早急に対処する必要はありませんが、そろそろ塗り替えの時期であると判断しましょう。

 

2つ目は、チョーキングです。
これは外壁を触った時に白い粉が付くことをいいます。
紫外線などが原因で、塗装の表面が劣化しているサインになります。

 

チョーキングが発生してしまうと、外壁のひび割れやカビの原因になっていまいます。
そのため、早めのメンテナンスをおすすめします。

 

 

□まとめ

 

この記事では、外壁塗装の塗り替え時期の目安や外壁の劣化のサインについて紹介しました。
本稿を参考にしていただけると幸いです。
また、何かご不明な点がございましたらお気軽に当社にご相談ください。

 

特に、西原町、与那原町、那覇市、浦添市、宜野湾市、南風原町、中城村、南城市、八重瀬町周辺で外壁塗装をお考えの方はぜひ当社にお任せください。

 

 

 

ちゅららペイントの理念・使命

 

幸せづくり
笑顔あふれる
いい会社を
つくりましょう

~豊かな地域・家庭・人生を~

 

私達は仕事を通してお客様と地域社会のお役立ちを行い、地域・家庭・人生が豊かになり、みんなの幸せを築くことが使命です。

 

共に築いていければ幸いです。宜しくお願い致します。

 

 

沖縄県の家も明るく!心も明るく!地域を元気に!いつまでも・・・(●^o^●)

 

 

☆ご相談などお気軽にご連絡くださいませ。