トップページ

リフォーム豆知識TIPS

外壁塗装の最適な気温や湿度の条件について解説!

 

「外壁塗装に最適な気温の条件があるのか」

 

「外壁塗装は湿度と気温は本当に重要なのか」

 

この記事では、外壁塗装の最適な気温や湿度の条件について解説します。
この内容が気になる方はぜひご覧ください🌿

 

□外壁塗装に最適な気温の条件があるの?

 

 

 

 

塗料は、大きく分けて水性のものと油性のものがあります。

 

水性は水で、油性はシンナーなどの溶剤でそれぞれ溶かして使用します。

 

 

乾燥して固まった塗料は、雨水にも強く、耐久性も生まれます。
ここで、重要となってくる条件が温度です。
塗料に適した温度であれば、キレイで強い外壁を保つことができます。

 

温度が高すぎたり、低すぎたりしてしまうと、塗装後は良く見えても、後々問題が発生する可能性があります。

 

高温では、しっかり乾燥させることはできますが、塗装の表面温度が高くなりすぎてひび割れなどにつながってしまうことがあります。
これにより、雨や結露がひび割れから入り込んで塗料が剝がれやすくなってしまいます。

 

 

次に、低温では塗料の伸びが悪くなってしまい、ムラができやすくなります。
また、乾燥が進みにくいなど、塗膜の劣化を早めてしまう要因となります。

 

 

これらの内容をまとめると、乾燥して水分が抜けた状態にできないと、塗料の持つ防水性・遮熱性などの機能を発揮することができなくなります。

そのため、気温条件がとても大切です。

 

□外壁塗装は湿度と気温が重要!

 

 

外壁塗装では、湿度と気温が重要です。

 

塗装ができない気候条件は、湿度が85パーセント以上、気温5度以下です。
塗装が不可能な条件がある一方で、塗装が最適な条件になりやすい時期があります。
その時期は、春と秋です。

 

しかし、春と秋は塗装業の忙しい時期であるため、予約でいっぱいである可能性が高いです。
デメリットはありますが、夏や冬でも塗装をすることができます。

 

まず、夏からみていきましょう。

塗装の施工中に窓が開けられないことや、塗装工程の関係で一時的にエアコンが使えないことがあります。

 

次に、冬についてです。

気温が5度以下になったりなど、一日の作業時間が短縮されてしまう要因が多いため工事の期間が長引く可能性があります。

 

□まとめ

 

この記事では、外壁塗装の最適な気温や湿度の条件について解説しました。

この内容を参考にしていただければ幸いです。
また、何かご不明な点がございましたらお気軽に当社にご相談ください😃

 

 

特に、西原町、与那原町、那覇市、浦添市、宜野湾市、南風原町、中城村、南城市、八重瀬町周辺で外壁塗装を考えている方はぜひ当社にお任せください。

 

 

ちゅららペイントの理念・使命

 

幸せづくり
笑顔あふれる
いい会社を
つくりましょう

~豊かな地域・家庭・人生を~

 

私達は仕事を通してお客様と地域社会のお役立ちを行い、地域・家庭・人生が豊かになり、みんなの幸せを築くことが使命です。

 

共に築いていければ幸いです。宜しくお願い致します。

 

 

沖縄県の家も明るく!心も明るく!地域を元気に!いつまでも・・・(●^o^●)

 

 

☆ご相談などお気軽にご連絡くださいませ。