トップページ

リフォーム豆知識TIPS

外壁塗装の際に起こりやすい近隣トラブルをご紹介

外壁塗装の際に起こりやすい近隣トラブルについてはご存知でしょうか。
今後も長く付き合っていく近所の方とは、なるべくトラブルを起こしたくないですよね。
そこで今回は、外壁塗装の際に起こりやすい近隣トラブルについてご紹介します。
西原町、与那原町、南風原町、中城村、那覇市、浦添市、宜野湾市、南城市周辺で外壁塗装を検討されている方は参考にしてください。

 

 

□外壁塗装の際に起こりやすい近隣トラブルについて

 

 

今回は、よく起こる近隣トラブルを4つ紹介します。

 

1つ目は、塗料や汚れが近所の車や住宅に飛散してしまったというものです。
塗料は液体なので、風が吹けば10メートル以上飛散することもあります。

 

2つ目は、騒音です。
外壁塗装工事をする際は、足場の設置や高圧洗浄をする必要があり、その際に大きな音が発生します。
騒音は人によって気になる人とそうでない人がいますが、やはり大多数が気になるので避けられないものではあります。

 

3つ目は、業者の車が道を塞いでしまっているというものです。
外壁塗装をする際、業者が車を停めておく必要が出てきます。
また、ハイエースなどの大きな車に乗っていることも多いというのも、このトラブルを引き起こす

原因の1つになっています。

 

4つ目は、塗料の悪臭です。
塗料は、乾くまで独特な匂いがします。
これが苦手な人も多く、クレームにつながることも多いです。

 

 

□近隣トラブルを防ぐためにできること

*事前に外壁塗装工事をすることを伝えておく

近隣トラブルを防ぐためにできることとして、一番効果があるのは事前に外壁塗装工事をする旨を

伝えておくことでしょう。
トラブルに発展する理由として、事前に伝えられていなかったということも多くあります。
基本的に、優良業者であれば、挨拶まで行ってくれることが多いので依頼する前に確認しておくと

良いでしょう。

*腕に自信のある業者に依頼する

塗料の飛散などは、業者の実力次第でしっかりと対策することが可能です。
養生をしたり、事前に車などをどかしてもらったりすることで飛散の可能性を大幅に減らせます。
また、経験が豊富であればあるほど仮にトラブルになりそうな場合の対応方法も心得ていることが

多いので頼りになります。

 

 

□まとめ

 

今回は、外壁塗装の際に起こりやすい近隣トラブルについて解説しましたが理解していただけましたか。
事前によく起こるトラブルについて知っておけば、対処すべきことも明確になるのでトラブルになるリスクを下げられるでしょう。
今回の記事が、皆さんのお役に立てていただければ幸いです。

 

 

 

ちゅららペイントの理念・使命

 

幸せづくり
笑顔あふれる
いい会社を
つくりましょう

~豊かな地域・家庭・人生を~

 

私達は仕事を通してお客様と地域社会のお役立ちを行い、地域・家庭・人生が豊かになり、みんなの幸せを築くことが使命です。

 

共に築いていければ幸いです。宜しくお願い致します。

 

 

沖縄県の家も明るく!心も明るく!地域を元気に!いつまでも・・・(●^o^●)

 

☆ご相談などお気軽にご連絡くださいませ。