トップページ

リフォーム豆知識

サッシ廻りのシーリング打ち替え中です!(サッシ廻りシーリングの役割とは?)沖縄県西原町にて

こんにちは、

ペンキ塗り替えリフォーム

外壁補修・外壁塗装・屋上防水工事の専門店!

ちゅらら工房 株式会社

具志直人です。

 

 

2月23日(土曜日)

本日の朝は少し冷えてますが、青空いっぱいで気持ちのよい天気になってますね。

皆様も明るく元気にお過ごしくださいませ(●^o^●)

 

 

本日の現場紹介は先日の続きで、

外壁補修・外壁塗装・屋上防水工事を紹介させていただきます。(沖縄県西原町にて)

 

①サッシ廻りのシーリング打ち替え中です。

痛んだシーリングを剥がし処理⇒養生⇒接着剤塗り⇒ウレタンシーリング打ちの流れで作業しました。

 

 

☆サッシ廻りシーリングの豆知識です。

アルミサッシ廻りのシーリングの役割とは?

 

そもそもアルミサッシの廻りにはなぜ?弾力性のあるシーリングという物があるのかと言いますと、

コンクリート躯体とアルミサッシのすき間からの雨漏れの侵入を防ぐために行います。

このシーリング材は紫外線などに弱く古くなるとひび割れ劣化などの症状が現れます。

するとそのひび割れから、雨水が室内に入り、室内の木工などの腐食の原因につながっていきます。

 

そうならないためにも、早めの補修や、打ち変えが必要になってまいります。

 

 

 

【一級ウレタン防水技能士・宇榮原大貴職人】

しっかりと丁寧に真心込めて施工中です!

 

 

ちゅらら工房 スタッフ一同

お客様の笑顔のために元気に頑張ってまいります(^O^)/

引き続きよろしくお願い致します。

 

沖縄県の家も明るく!心も明るく!地域を元気に!いつまでも・・・( ^ω^ )