トップページ

リフォーム豆知識

沖縄県西原町兼久自治会、外壁改修工事(なぜ?コンクリートは剥離するのか?)

こんにちは、

ペンキ塗り替えリフォーム

外壁補修、改修・外壁塗装・屋上防水工事の専門店!

ちゅらら工房 株式会社

具志直人です。

 

1月25日(土曜日)

本日の朝は少し雨が降っていましたが気持ちの良い青空が広がっています(●^o^●)

世間ではインフルエンザが流行していますので、皆様も体調を崩されないようにご自愛くださいませ。

 

 

さて本日の現場紹介です。

先日から、ちゅらら工房の事務所がある、沖縄県西原町兼久自治会の公民館の補修工事を行っております。

築50年ほどたつ建物で外壁のあちらこちらでコンクリートの爆裂、剥離の症状があり、

とても危険な状態でしたので改修工事を進めてまいります。

施工前、施工中の写真です。

 

☆コンクリートひび割れ、爆裂、剥離の豆知識です。

「なぜ?コンクリートは爆裂、剥離をするのか?」

地震、建物の不動沈下などで外壁にひび割れなどの症状がおき⇒そのひび割れから、塩害、水、空気などの影響を受け⇒鉄筋が腐食し⇒サビ膨張をおこし⇒その鉄筋がコンクリートを押出し⇒コンクリートの爆裂、剥離などの症状がおきてきます。

爆裂、剥離の症状が起きるまで長い年月がかかりますが、建物も人間の身体同様、早めの処置を行えば

キレイに長持ちしますので早めの点検、処置をおすすめいたします。

 

 

 

公民館は地域の皆様が集まるとても大切な場所です。

大切な場所を安心、安全で、少しでも長持ちできるように、

ちゅらら工房も全力でお手伝いさせていただきます。

 

引き続きよろしくお願いいたします。

 

 

沖縄県の家も明るく!心も明るく!地域を元気に!いつまでも・・・( ^ω^ )