トップページ

現場ブログBLOG

塗装リフォーム工事の始まりです。(沖縄県南部)

こんにちは、

ペンキ塗り替えリフォーム

外壁塗装・外壁補修・防水工事の専門店!

代表 具志 直人です。

 

 

最近は肌寒くなってまいりましたね。

 

今朝の朝礼での職人からの一言です。(新城豊 職人)

「みなさん、風邪をひかないように身体を大切にしてくださいね」

季節の変わり目ですので、体調を崩されない様にご自愛くださいませ。

 

 

さて、今日の投稿は、沖縄県南部にて本日から始まります現場をご紹介したいと思います。

外壁補修、外壁塗装、屋上、ベランダ遮熱防水工事のリフォーム工事です。

 

今回の工事の目的は、

●建物を長持ちさせるため

●外観をきれいにイメージチェンジ

などです。

お客様に喜んで頂くために職人一同、頑張ってまいります。

 

足場工事の始まりです。

せっかくなので足場の材料の名称を紹介したいと思います。

足場の材料は2トン~4トンほどのトラックで運搬します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●足場の柱の材料です。長さがいろいろあります。

900柱・1800柱・2700柱・3600柱まであります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●柱のジャッキです。足場は基本的に水平で組んでいきます。水平のための調整材です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●踏板、アンチと言います。人間が歩く場所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●養生シート、工事現場の足場の周りに張っていきます。ごみなどが飛び散らない様にです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●クランプ、パイプの連結につかいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●手すり材、柱と柱の連結に使います。落下防止にも使用します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●ブラケット、600手摺。踏板アンチの受け材です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じの材料内容です。

 

なんでこんなに詳しいかと言いますと。

代表の私自身が15歳~足場職人を約5年間ほどやっていました。

昔の働いていた写真を探してみますので、次回ご紹介します。( ◠‿◠ )

 

 

では、今日も地域のお客様のために職人一同、一生懸命頑張ってまいります。

(^O^)/

 

 

沖縄県の家を、強く!綺麗に!いつまでも!