トップページ

リフォーム豆知識TIPS

外壁塗装はなぜ必要なのか解説!

「外壁塗装はなぜ必要?」

 

「外壁塗装を行うタイミングとは?」

 

この記事では、外壁塗装はなぜ必要なのか、そして、外壁塗装を行うタイミングについて紹介します。
この内容が気になる方はぜひご覧ください。

 

 

□外壁塗装はなぜ必要?

 

 

外壁塗装はなぜ必要なのか。
その理由について3つ紹介します。

 

 

1つ目は、雨風や紫外線などからお住まいを守るためです。
一年中降り注ぐ紫外線や真夏の猛暑、そして、真冬の氷結など日々の住まいへのダメージは大きいです。
そのため、メンテナンスが適切に行われているかどうかで建物の寿命が大きく変わります。
定期的にメンテナンスを行い、住まいの状態を良好に保っておきましょう。

 

 

2つ目は、新築時の輝きを取り戻すことや住まいのイメージチェンジを楽しめることです。
外壁塗装は住まいの保護だけではなく、このような目的もあります。
さらに、最近では遮熱塗料、断熱塗料、低汚染塗料といった様々な機能を付与された塗料が発売されています。
つまり、塗装を行うことで、見た目だけでなく機能性を持たせることで新築の維持のとき以上の快適性を手に入れることができるということです。

 

 

3つ目は、資産価値を維持して住まいのライフサイクルを長くできることです。
住まいのメンテナンスができているかどうかで資産価値は大きく変わってきます。
当然ながら、メンテナンスされている住まいは長く住み続けることが可能です。
総じて、外壁塗装を行うことは資産価値の維持や長く住み続けるために重要になります。

 

 

□外壁塗装を行うタイミングとは?

 

 

外壁塗装を行うタイミングはいつなのかとお悩みの方がいると思います。
そこで今回は、築年数から外壁塗装を実施するタイミングの見方について解説します。

 

まず、築10年が塗装の目安になります。
その理由としては2つあります。

 

 

1つ目の理由は、劣化症状が明確に現れるのに10年程度かかるからです。
家は紫外線や雨風に常にさらされています。
そのため、少しずつダメージが蓄積されていきます。
およそ10年のタイミングが家の外壁を長く保護していくためにおすすめのタイミングになります。

 

 

2つ目の理由は、外壁塗装に用いられる塗料の耐用年数は、およそ10年であることが多いからです。
外壁塗装の塗料として、シリコン塗料・フッ素塗料・無機塗料・ラジカル制御塗料が挙げられます。
それぞれ耐用年数が切れる時期が異なるので、どの塗料を使用しているのか確認しておきましょう。

 

 

□まとめ

 

この記事では、外壁塗装はなぜ必要なのか、そして、外壁塗装を行うタイミングについて紹介しました。
また、何かご不明な点がございましたらお気軽に当社にご相談ください。

 

特に、西原町、与那原町、中城村、那覇市、宜野湾市、浦添市、南風原町、八重瀬町、南城市周辺で外壁塗装を考えている方はぜひ当社にご相談ください。

 

 

 

ちゅららペイントの理念・使命

 

幸せづくり
笑顔あふれる
いい会社を
つくりましょう

~豊かな地域・家庭・人生を~

私達は仕事を通してお客様と地域社会のお役立ちを行い、地域・家庭・人生が豊かになり、みんなの幸せを築くことが使命です。

 

共に築いていければ幸いです。宜しくお願い致します。

 

 

沖縄県の家も明るく!心も明るく!地域を元気に!いつまでも・・・(●^o^●)

 

 

☆ご相談などお気軽にご連絡くださいませ。