トップページ

リフォーム豆知識TIPS

外壁のクラックが発生する原因と対処方法をご紹介

 

「外壁のクラックはなぜ発生するのかな。」
「クラックを見つけた際の対処方法について知っておきたい。」
このようにお考えの方、今回の記事は必見です。

 

今回は、外壁のクラックが発生する理由と、その対処方法について解説します。
西原町、与那原町、南風原町、中城村、那覇市、浦添市、宜野湾市、南城市周辺で

外壁塗装を検討している方は是非参考にしてください。

 

 

□クラックはなぜ発生するのか

クラックとは、外壁にできるひび割れのことです。
なぜ発生してしまうのでしょうか。

 

これは、乾燥や経年劣化、地震などの揺れが原因であると言われています。

 

外壁以外には、内壁や基礎部分に生じるだけではなく、モルタルやコンクリートの床、

外壁材のつなぎ目に使う目地にできることがあるので注意しておく必要があります。

 

クラックは、見つけたら放っておいたら大変なことになります。
例えば、構造体の劣化や腐食を引き起こしたり、爆裂現象を引き起こしたりします。
クラックは、住宅に大きな被害をもたらすので、なるべく防ぐことが重要になってきます。

 

クラックをなるべく防ぐためには、定期的なメンテナンスをすることが非常に重要になります。
定期的なメンテナンスをすることによって、すぐに異常に気付けるようになります。
クラックは、早めに対処することで被害も小さく、メンテナンスにかかる費用も抑えられます。

 

 

□クラックを見つけたときの対処方法について

では、クラックを見つけた際はどのような対応をすれば良いのでしょうか。
クラックは、幅によって対処方法が変わってきます。

 

0.3ミリメートル以下であれば、まだ内部に水が浸入していないので、

早急な対応は必要とされません。
しかし、放っておくとどんどん幅が広くなり、

内部に水が浸入してしまうようになるので注意が必要です。

 

0.3から1ミリメートルの場合は、水が浸入しやすくなるので、

より早期に対応をする必要が出てきます。
クラックを補修するための道具も売っており、こちらでの対応も可能ですが、

なるべくプロに頼むことをおすすめします。

 

1ミリメートル以上の場合は、すでに内部に水が浸入してしまっている可能性が高くなります。
早急にプロに対処してもらう必要があります。

 

 

□まとめ

 

今回は、外壁のクラックが発生する理由について解説しましたが理解していただけましたか。
クラックは乾燥や経年劣化によって起こる、避けられないものです。
そのため、クラックが起きてしまった場合の対処方法を知っておくことは非常に重要です。
クラックが生じた際は、今回の記事をお役に立てていただけたら幸いです。

 

 

 

ちゅららペイントの理念・使命

 

幸せづくり
笑顔あふれる
いい会社を
つくりましょう

~豊かな地域・家庭・人生を~

 

私達は仕事を通してお客様と地域社会のお役立ちを行い、地域・家庭・人生が豊かになり、みんなの幸せを築くことが使命です。

 

共に築いていければ幸いです。宜しくお願い致します。

 

 

沖縄県の家も明るく!心も明るく!地域を元気に!いつまでも・・・(●^o^●)

 

☆ご相談などお気軽にご連絡くださいませ。