トップページ

リフォーム豆知識TIPS

外壁塗装に適した天気は何?雨の時の塗装が可能かどうかをご紹介

外壁塗装リフォームに適した天気について知りたい方、今回の記事は必見です。

 

外壁塗装リフォームは、晴れの日が適切だと考える方は多いと思いますが、

本当にそうなのでしょうか。

 

また、雨の日は施工できないのでしょうか。

 

そこで今回は、外壁塗装ができる天気とできない天気、

また、天気に関してよくある質問に関して解説します。

 

 

□外壁塗装ができる天気とできない天気について

 

外壁塗装ができる天気は、晴れと曇りです。

 

しかし、この天気以外では外壁塗装リフォームができないということではありません。

 

厳密にいうと、気温5度以上、湿度80パーセント未満であれば外壁塗装リフォームは可能です。

 

どちらかが満たない場合には、外壁塗装リフォームはできませんので注意が必要です。

 

 

基本的に外壁塗装リフォームができない天気は、雨、雪、台風などの強風、落雷です。

塗料の天敵は、水分です。

 

そのため、雨や雪が降っている時に無理やり塗装してしまうと、

塗料が水で薄まってしまって本来の機能を発揮できなくなってしまいます。

 

また、十分に乾燥期間を設けられない場合も、

仕上がりが綺麗にならなくなってしまうということがあります。

 

一方で、雨の際に外壁塗装はできなくても、足場の設置や高圧洗浄などの工程は実施できます。

 

 

□天気についてよくある質問について

天気ついてよくある質問について4つ解説します。

 

1つ目は、突然雨が降り出した場合の対応方法についてです。

突然雨が降り出した場合は、中止になります。

途中まで塗っていた箇所がある場合は、天気が回復するのを待って

塗っていた箇所が乾燥していることが確認できれば再度実施します。

 

2つ目は、外壁塗装ができない日が続いた場合についてです。

基本的に作業が行えなければ、その分工期が伸びてしまいます。

足場の設置や高圧洗浄の段階であれば、雨などが降っていても実施できるので

工期が伸びずに済む場合もあります。

 

3つ目は、外壁塗装の中止はいつ決まるのかについてです。

天気予報が雨や雪で、外壁塗装に適さない条件であることが事前にわかっている場合は、

あらかじめ工事が中止されることも多いです。

 

4つ目は、工期が伸びた際に追加料金がかかるのかどうかについてです。
これは、もちろん発生しませんので安心してください。

 

□まとめ

 

今回は、外壁塗装リフォームができる天気とできない天気について解説しました。

 

天候で判断することも可能ですが、気温や湿度が特に重要な要素になります。

 

外壁塗装リフォームは天気からの影響を受けるので、

ゆとりを持って計画を立てるようにしてください。

 

西原町、与那原町、南風原町、南城市、那覇市、浦添市、宜野湾市、中城村周辺で

外壁塗装リフォームを検討されている方は参考にしてください。

 

 

 

ちゅららペイントの理念・使命

 

幸せづくり
笑顔あふれる
いい会社を
つくりましょう

~豊かな地域・家庭・人生を~

 

私達は仕事を通してお客様と地域社会のお役立ちを行い、地域・家庭・人生が豊かになり、みんなの幸せを築くことが使命です。

 

共に築いていければ幸いです。宜しくお願い致します。

 

 

沖縄県の家も明るく!心も明るく!地域を元気に!いつまでも・・・(●^o^●)

 

☆ご相談などお気軽にご連絡くださいませ。