トップページ

リフォーム豆知識TIPS

外壁塗装の塗料の種類をご紹介します!

外壁塗装の際、どの塗料を使用すれば良いのかわからず困っている方も多いと思います。
塗料によってそれぞれ特徴が違うので、適切なものを採用することが重要です。

 

今回は、外壁塗装で使用される塗料の種類について紹介します。
西原町、与那原町、南風原町、中城村、那覇市、浦添市、宜野湾市、南城市周辺で

外壁塗装を検討されている方は参考にしてください。

 

 

 

□外壁塗装に使用される塗料の種類が豊富な理由とは

 

そもそも、なぜ塗料にはこんなに多くの種類があるのでしょうか。
それは、ニーズに合わせた価格帯、耐久性、機能を追求してきたからです。
塗料の成分としては、例えば顔料、樹脂、添加剤、溶剤などがあります。
それぞれの成分が、塗料の特徴を生み出しているのです。

 

 

□外壁塗装に使用される塗料の種類について

 

1つ目に紹介するのは、ウレタンです。

ウレタンは、一般的によく使用されているもので、価格と機能のバランスが良いという特徴があります。
一方で、耐久性が少し低いというデメリットがあるので扱いには注意が必要です。
一般的に、耐久年数は5年から7年と言われています。

 

2つ目に紹介するのは、シリコンです。

シリコンも、価格と機能のバランスが良いのが特徴です。
また、カラーバリエーションも豊富です。
耐久年数は、7年から10年と言われています。

 

3つ目に紹介するのは、ピュアアクリルです。

ピュアアクリルは、超耐久性でありながら、防水に必要な高弾性を備えている優れた塗料です。
デメリットとしては、コストがかかることが挙げられます。
また、乾燥に時間がかかるので、冬場だと工期が長くなりがちなのもデメリットと言えるでしょう。
耐久年数は、15年以上と言われています。

 

4つ目に紹介するのは、フッ素です。

フッ素は、耐久性を優先される方に非常におすすめの塗料です。
また、変色もしにくいという特徴があります。

一方で、ひび割れしやすいのはフッ素のデメリットと言えるでしょう。
耐久年数は、15年以上です。

 

5つ目に紹介するのは、無機です。
こちらは、耐久性が高いのが特徴です。
ただし、モルタルなどと相性が悪いというデメリットもあります。
耐久年数は、15年以上です。

 

 

□まとめ

 

今回は、外壁塗装に使用される塗料の種類について解説しましたが理解していただけましたか。
今回解説したもの以外にもあるため、どれにするべきか迷われることと思います。
しかし、そのような際には予算や自分が必要とする機能を照らし合わせれば自ずと選ぶべきものが

見えてくるはずです。

 

 

 

ちゅららペイントの理念・使命

 

幸せづくり
笑顔あふれる
いい会社を
つくりましょう

~豊かな地域・家庭・人生を~

 

私達は仕事を通してお客様と地域社会のお役立ちを行い、地域・家庭・人生が豊かになり、みんなの幸せを築くことが使命です。

 

共に築いていければ幸いです。宜しくお願い致します。

 

 

沖縄県の家も明るく!心も明るく!地域を元気に!いつまでも・・・(●^o^●)

 

☆ご相談などお気軽にご連絡くださいませ。