トップページ

現場ブログ

屋根防水トップコートについて(那覇市松川現場)

こんにちは!

~お外のリフォーム~

外壁塗装・屋上防水・外構工事の専門店!

ちゅらら工房株式会社

宇榮原です  °ω° ))/

 

 

3月に入り気温も上がりだいぶ暖かくなってきましたが、巷で噂のコロナウィルスには気をつけたいところですね(´ι _`  )イベント中止や延期。。
マスクを確保するのに毎日格闘してます。

 

さて、そんなウィルスには負けじと先日、那覇市松川の現場にて防水(ウレタン防水)のトップコート仕上げ塗布作業を行いました。

💡トップコートの役割と防水層について

防水層とは、建物の中に雨水の侵入を防ぐために作られる層のことをいいます。 その防水層が劣化してしまうと、建物の中に雨水が侵入しやすくなり、雨漏りがおきたり、建物が傷んでしまったりしてしまいます。 そうならないよう、防水層の上にトップコートを塗って保護し、ダメージをなるべく受けないようにするのです。

 

こうしてウレタン防水完了となりました!

※ちなみに一般的なウレタン塗膜防水のトップコートは7年ほどで塗り替えが必要になりますので、無料点検のご要望のお客様はぜひ『ちゅらら工房』までご連絡くださいませ。

 

 

これからもお客様に喜んでもらえるよう日々頑張っていきたいと思います∧( ‘Θ’ )∧

 

 

☆ちゅらら工房は、【お客様】と【地域】を明るく!元気にできる、

いい会社づくりを目指しております。共に築いていければ幸いです。

宜しくお願い致します。

 

沖縄県の家も明るく!心も明るく!地域を元気に!いつまでも・・・(●^o^●)